フリーランスでいけるキャッシングはどこまで?一般的傾向はコチラ!

キャッシングは誰でも使えるという向きでPRされることが多いですよね!消費者金融などになると貸付ビジネスのみで収益を上げているのですから、利用者の候補は少しでも多い方がいいのは間違いありません。そういう「オトナの事情」によって誰でも使えるという宣伝がされやすいという事情は知っておいて損はありませんよ(笑)?

そのため、広告やキャッチコピーでは誰でも使えるという向きの言葉が使われやすいものの、実際はもちろん誰でも使えるかといえばそうとも限りません。キャッシングは大事な大事なお金を相手に貸しつけるサービスになります。下手な相手に貸し付けるとお金が返ってこなくなるというのも往々にしてあることです。貸金業のプロでもある金融機関などは、当然ウの目タカの目で利用者を選別しているのは当然の話です。

利用を断られやすい典型例といえば、無職の方などが該当しますね。実際にやってみたけど断られたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。試してみればわかりますが、無職という立場でキャッシングをするのは非常に難易度の高い離れ業です。収入がないのですから、返済のアテがないと判断されて当然です。そんな相手には貸付を断るのが貸金業の常識です。

今のはやや極端な例でしたが、貸金業を行なっている金融機関がちゃんと相手を選んでいるということがよくおわかりになったのではないでしょうか?誰でも使えるというのもまったくのウソではなくとも、言葉通りに解釈するのもまた問題なのです。

ではキャッシングを利用するのにあまり向いていないとされる立場、しかし無職といったように明らかにアウトでもないという、いわばグレーゾーンあたりの方になるとキャッシングの利用はどうなのでしょう?そういう立場の一つとして、フリーランス、つまり自営業という立場があります。

自営業というのは自分で事業をやっているのだから、ただの勤め人よりもむしろキャッシングには有利なんじゃないのと思われるかもしれませんが、これが案外そうではありません。勤め人は自由がない代わりに保障が厚いという特徴があるため、キャッシング審査には有利であることが多いのですが、自営業になるとそうではありません。

自分でやっている事業一本が頼みの綱であり、それがなくなったら実質無職と変わらない。非常に厳しい世界ですが、それが自営業なのです。

そのため、キャッシング審査では案外信用を得るのが大変という実情があります。そんな自営業者はキャッシングを利用できるのかどうか、気になるところですよね?雇い主の保障もない自営業者であれば、よりお金に困ることもあるでしょう。

自営業者は無職者のようにキャッシングを使うことなどできないのかといえば、そんなことは決してありません。自分で事業を行なっており、それである程度の期間にわたって利益を上げられていれば、それ相応の信頼を得ることはできます。したがってキャッシングも利用できる可能性は十分にあります。

ですが、勤め人に比べれば信用を得るまでのハードルは高くなる傾向にありますので、自営業の規模や実態にもよりますが、大型のキャッシングになればなるほど利用は比較的難しくなっていくでしょう。気軽に利用したいのであれば、カードローンといった少額からでも利用できる日常範囲のキャッシングがオススメです。

つまり自営業者が利用できるキャッシングの可能性はあくまでその方自身の業務次第となりますが、一般的傾向で言えば少額キャッシングまでなら気軽に安心安全な消費者金融を利用できる可能性は高いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 『簡単審査が自慢です!』バンクイックよりもラクラクキャッシング! All Rights Reserved.